月別アーカイブ
フリースペース
サイトマップ
お勧めサイト
TOP

ガッツリ就活の事を学んで内定獲得!

最低限知っておくべきです

自分が入りたいと思う会社の事は調べるのが当たり前です。どのような会社なのか、企業理念はどのようなものなのか。これくらいはもはや「マナー」です。企業理念さえ調べておかないのに面接を受けるのは、冷やかしと捉えられても仕方ないのです。また、会社の事を調べてこそ自分に合っているのか、長続きしそうなのかといった事も見えてきます。就職活動は進路を決めるというだけのものではありません。何でも良いのであれば別に難しいものではありません。各々が理想を持ち、少しでも理想に近い企業で働きたいと考えるからこそ難しいものなのです。更には企業も成長していくものです。どのように成長していくのかは理念次第な面もあるのですから、企業理念くらいは調べておくべきです。これが分からないで面接を受けても、結局は良い結果を得る事は難しいでしょう。企業側としても、学生が自分たちの事をどれくらい理解してくれているのかは判断材料の一つになるのですから。

アウトソーシングの目的

会社の中で処理をしていた仕事を会社の外に任せていくことをアウトソーシングといいます。外部委託、いわゆる外注に出すということになるのですが、この方針は社内で行うとコストがかかってしまいますが、外に出すことによってそのコストが下げられるのが良い点です。アウトソーシングでは社外の専門的な能力を十分に活かすことができますので社内で仕事をするよりも大きな成果を得ることができるのです。こうしたシステムを有効活用することで会社自体が成長した例もあります。アウトソーシングを行っているある会社では、注文を受けるとその過半数を自社の社員で裁くことなく処理しています。会社自体にはそれほどたいそうな手間がかからないばかりかコストも低くてすむのです。メリットとしては社内でやることで手間ひまかかってしまうことを、外部にいる専門的な人たちに任せてしまったほうが、質もよく仕上がるということになります。そして会社そのものの物事の中心に働く社員の力を注いでいくことで、会社が向上していくことになるのです。


就活生必見!就職説明会情報(東京) - 株式会社コネクト

Uターンをする際のアピールポイントを知る

Uターンでの就職や転職に関して面接でアピールするポイントというのは、やはりなぜ地元に戻ってきて働きたいのかといった部分になります。ここで何をアピールすれば良いのかは、やはり地元に対しての愛情や地元の企業で働きながら貢献していきたいといった気持ちになるでしょう。地元に対しての気持ちそのものが大きければ大きいほどに就職が決まった後には転職などを考えず、長期間にわたり会社で働いてくれる可能性が高くなるためこのような部分が非常にメリットとなります。また以前から地元での評判を聞いていて気にはなっていたものの、ある程度自分を成長させるために、まずは違う場所で様々な経験をしてその上で、地元での今後の自分の働きで少しでも役に立つことができたらうれしいといた部分をアピールするのも重要です。単純に地元が好きだからという理由だけではなく、地元で一生懸命に働きながら地域や地域の企業に貢献していきたいといった気持ちをどんどん押し出していくようにしましょう。